NEWS

2022.11.18

INFORMATION

2022.11.18

INFORMATION

『PEARLY GATES STYLE』SHIDO NAKAMURA wears PEARLY GATES

『PEARLY GATES STYLE』SHIDO NAKAMURA wears PEARLY GATES
SHIDO NAKAMURA wears PEARLY GATES SHIDO NAKAMURA wears PEARLY GATES
中川獅童×PEARLY GATES
LOOK 01

PEARLY GATESの幅広い着こなしの可能性をお見せしていく
新たなオウンドメディア、「PEARLY GATES STYLE」がスタート。
初回のゲストとして歌舞伎俳優の二代目 中村獅童が登場し、ブランドのキーカラーである
ダークネイビーをモノトーン調にデザインしたウェアを着用してくれた。
シックでリュクスな大人の魅力を醸す獅童さんに聞いた、
スポーツウェアの選び方やファッションに対する考え方とは?

よく着るからこそわかる、
着やすさと優秀さ

──スタイリッシュなムードが漂うモノトーン調のウェアをお召しいただきましたが、着心地はいかがですか?

「肌ざわりがよく動きやすくて、さすがのひと言ですね。袖を通してみてすぐに気づいたし、撮影中にも実感しました。特にパンツはタイトなシルエットに見えるのだけれど、ほどよくストレッチが効いていて。ファッション性が高くおしゃれに着られるのに、やはりスポーツウェアとして機能性に優れているんだなあと再認識」

──普段の生活の中で、スポーツウェアをお召しになる機会はありますか。

「もちろんです。家でもそうですし、歌舞伎の稽古のときにもよく着ているので、頻度は高めなんじゃないかな。だからこそ、これだけ見た目と着心地のよさを兼ね備えているのがすごいことなんだというのがよくわかります」

歴史と伝統の中に
新しさを見出す姿勢に共感

──PEARLY GATESは過去にキッズサイズの展開があったこともあり、世代を超えてお召しいただけるブランドです。お子さんとペアルックやリンクコーディネートをされることはありますか?

「ありますよ! ファッションブランドの展示会などでキッズサイズも展開されているスニーカーを見ると、ついつい買っちゃう(笑)。さりげなく靴をお揃いにすることが多いですかね。同じデザインのものを履いて、よく一緒に公園へ遊びに行っています」

──ブランドとして30年以上の歴史を誇るPEARLY GATESと、日本古来の伝統を受け継ぐ歌舞伎に携わっていらっしゃる獅童さん。ブランドに対してのイメージについて、思うところをお聞かせください。

「歴史あるブランドでありながら、"ゴルフ=おじさんのもの"にとどまることなく、現代のファッション性や革新性を追求しているブランドだと思いますね。伝統を守りながら新しさを切り拓いていくというのは、まさしく歌舞伎界にいる我々も目指していること。その点で、組織としてのスタンスにとても共感を覚えます」

──"伝統の中の新しさ"に関連して、今後の獅童さんの活動で注目すべき、新たな挑戦について教えてください。

「直近でいうと、12月に京都の南座で予定している『吉例顔見世興行』かな。東西の役者が集まるオールスターの興行で、個人的には24年ぶりの南座出演だし、初の主演なんです。歌舞伎はもちろん、冬の京都はすごく雰囲気がいいので、旅行がてら来てもらえたらうれしいですね。若い子たちは着物を着る機会があまりないだろうから、ちょっと着物を着て南座へ、とか......楽しいんじゃないかな。ファッションと和の心を楽しむ気持ちで、ぜひ遊びにいらしてみてください」

次回は、獅童さんの歌舞伎に対する想いにより深くフォーカスする。

SHIDO WEARS...

DOWN VEST 53-2258103 ¥41,800
HI NECK TOP 53-3166101 ¥17,600
HI NECK KNIT 53-3174001 ¥19,800
PANTS 53-3131001 ¥30,800

GLOVE 53-2285101 ¥9,900
BALL POUCH 53-2284104 ¥12,100
SHOES 53-2992301 ¥35,200

PROFILE

8歳で歌舞伎座にて初舞台を踏み、二代目 中村獅童を襲名。歌舞伎役者としてのみならず、俳優や声優、ナレーター、モデルなどの多彩な仕事をこなし、幅広い世代と歌舞伎界との橋渡しとしての役割を果たす。10代の頃からロックミュージックにも傾倒。自由で解放的なマインドで、歌舞伎の新たな可能性を探りつづけている。

STAFF

PHOTOS: TAKANORI OKUWAKI @UM
VIDEO: YUSUKE TABUKI @ONION
STYLING: EIJI TAKAHASHI
HAIR & MAKEUP: MASATO @B.I.G.S.
DIRECTION & TEXT: MISAKI YAMASHITA